色弱とは?

色弱者は何人いるの?

色弱には、先天性と後天性がありますが、ほとんどが、先天性(遺伝)によるもので、色弱の度合い(強・弱)があるとはいえ、 日本人男性の5%、女性の0.2%が色弱者だといわれています。

20人1人なんと20人に1人の割合です。結構多い数だと思いませんか?私もはじめ聞いたときビックリしました。 ちなみに、欧米では男性の8〜10%、アフリカでは2〜4%が色弱者だといわれています。

なぜ、色弱者は色の区別がつきにくいの?(色が見える仕組み)

光の三原則

RGBの3色の光を重ねることで様々な色をつくりだせる色が見える仕組みを説明する前に。「光の三原色」ってご存知ですか?赤(R)、緑(G)、青(B)の3色の光を混ぜ合わせて様々な色をつくることが出来ます。(カラーテレビなどはその原理で色を出しています)

色が見える仕組み

人の目は、さまざまな光の強さや波長に反応する細胞があり、それが光を感じ、脳へ伝えることによって物の色や形を認識することが出来るのです。その細胞の中には、主に明るいところで働き、色を認識している「錐体(すいたい)」という細胞があります。その錐体はさらに、赤に反応するもの、緑に反応するもの、青に反応するもの3種類があります。

光の三原色がそうであるように、3つ錐体のそれぞれの反応の強さで、さまざまな色を感じることが出来るのです。

色が見える仕組み。人の目には光の波長や強さ(色)を認識する錐体細胞があり、それにより色を認識する。

▲このページ上へ

一般色覚者と色弱者のタイプ

色を感じることが出来る「3種類の錐体」が全てそろっているのがC型(一般色覚)です。3つのうち「赤」の錐体が無いか一般的の人と異なるのがP型(色弱)で、「緑」の錐体」が無いか一般的の人と異なるのはD型(色弱) と分類されています。

C型・一般 C型(一般色覚者)の見え方
3つの色を感じる錐体細胞が全てそろっているのがC型(一般色覚)で日本人男性の95%、女性の99%以上がこのタイプです。
P型・色弱 P型(Protanope・1型)の見え方
赤い光を主に感じる錐体が無い(強度)か、一般と異なる場合(弱度)がP型色覚です。
D型・色弱 D型(Deuteranope・2型)の見え方
緑の光を主に感じる錐体が無い(強度)か、一般と異なる場合(弱度)がD型色覚です。

ほとんどの色弱者は、このP型(強度・弱度)、D型(強度・弱度)の2種類(4タイプ)であり、合計で日本人男性のほぼ5%を占めています。

上記以外の色覚では、青い光を感じる錐体が無い人はT型(Tritanope)と、3種類の錐体のうち1種類しか無い、または錐体が全くないU型があります。どちらのタイプも非常にまれで10万人に1人以下の割合といわれています。

このことからも分かるように、色弱者だからといってモノクロに見えているわけではないということが分かるでしょう。不足している錐体の機能を補うように、正常な錐体をフル活動させ、色を判断しているのです。

▲このページ上へ

色覚に対する新しい色覚分類用語

当サイトでは、NPOカラーユニバーサルデザイン機構が提唱する色覚に対する新しい用語を用いています。

当サイト内で新しい用語を用いる一番の理由は、「簡潔で分かりやすいから」です。

色覚には、「一般と色弱」があり、「色弱には見え方の違うタイプと、強度、弱度」があるという分類で説明する方が、私を含め一般の人にも分かりやすい考えています。(一部の色の区別が弱いとい意味で使用しています)

私は、30歳過ぎて初めて色覚の分類用語を聞いたときに、第1、第2、1色型、2色型…など、もつ意味が違う数字が同じように並べられているために混乱してしまいました(私は、第2で2色なのですが、あの人は第2なのに3色…でも正常も3色なの?ってどういう意味?と。結局その時は丸一日かかっても理解できませんでした…)。

当サイトは、色弱者のタイプとその見え方などの説明をしていますが、学術的、医学的な解説は詳しくしていません。あくまでも「バリアフリー、ユニバーサルデザインを提唱したい」「出来るだけ多くの人に理解して欲しい」というところに主旨があるためです。

また、個人的には色盲と呼ばれようと色覚異常と言われても、そこに差別的な意図が無い限り別にかまわないのですが…。

従来、そもそも一般的な色覚の人にしか読み取れない配色で描かれた文字が、たった数枚読み取れない、読み取りにくいという、たったそれだけの理由で、一般的に多い色覚を「正常」「健常」と「それ以外」に区別され、少ないタイプを「色覚異常」「色覚障害」「色盲」などと呼ばれ、職場や学校などで差別をされる場合もありました。そういう意味で、そうした誤解を生じさせるような言葉を用いないという主旨も若干あります。

日本人の血液型は、A型が約40%、O型30%、B型20%、AB型10%で、南米のインディオではO型の人が90%を越えるといわれていますが、少数の血液型は「異常」なのでしょうか?血液型は人間の多様性の一つであって正常、異常と呼べるものではありません。同様に、色覚も同じ人間のもつ多様性の一つなのです。。
人間がもつ約3万個の遺伝子はどれも非常に多用なタイプがあり、そのうちの一つを「正常」と呼ぶことは出来ないというのが定説になりつつあります。CUDOではその流れに従い、従来のように色覚を「正常」と「異常」に線引きして分けるのをやめ、どの色覚も価値判断無く対等に分類するために、C、P、D、T、Uの5種類の名前で呼ぶことを新たに提唱します。
NPOカラーユニバーサルデザイン機構による提唱の一部抜粋)
色弱に対する新しい分類比較表(用語)
従来の呼称 新しい呼称
色覚正常・健常 3色型 C型 一般色覚
第1 色盲
/色弱
2色型
/異常3色型
赤緑色盲
/色弱
P型(強/弱) 色弱
第2 D型(強/弱)
第3 T型
全色盲 1色型 U型

(参考) ・第1→Protanope(P型) ・第2→Deuteranope(D型) ・第3→Tritanope(T型)


※ちなみに、医学的、学問的な用語を知りたい方は、日本医学会というところの用語の定義を参考までに。→こちら日本医学会医学用語辞典(色覚関連用語について)

日本眼科学会は、患者団体から「色盲」の名称を一掃してほしいとの要望により、次のように色覚関連用語を改訂した。

そういうものなのですね。まあ、そもそも中学校の時に診てもらった眼科の先生はそんな専門的な用語を使わなかったし、診断書にもそんなこと書いてなかったから…「医学用語=一般用語」ではないと理解していいんですよね…。

▲このページ上へ